真夜中の独り言。

夜っていうのは、
なるべく文章を書かない方がいいって
いいますが。
なるほど、その通り!…
と実感する事もしばしば。
確かに陽が昇ってから改めて
見たりすると、
こっぱずかしいもの、
かなり後ろ向きなもの、
などなど数知れず!

でも今日は呟いてしまおう。

帰宅して所用ありの仕事電話中に、
ハワイアンのLK が
亡くなっていた事を知った。
暫く前の事らしかった。

彼とはもうずーっと
会っていなかったのだけれど、
私たちが駆け出しだった頃、
たくさん交流させてもらった。
たくさんのコリオグラフを貰ったし、
たくさん彼の曲を踊った。
ヘレヒアのみんなが知らずに
踊っている曲の中にも
彼の曲がたくさんある。

彼のフラはとてもエモーショナルで、
絶え間無く揺らめく波のような
ボディムーブメント、
表情も豊かで、
彼の心がどれほど優しく
柔和なものか、
フラを見れば一目瞭然だった。
彼のフラ、
大好きだったなぁ。

それはそれは大分昔になるが、
メレフラで生徒といっしょに踊った時、
そっと私たちの側にやってきて、
こっそりと、
《あなた達のハーラウは
いつかもっと大きく、
大きくなるよ》
って、言ってくれた。
訳わからん、と思いながらも、
少し嬉しかったのを
今でも覚えている。
大きくなったかはさて置き、
今でもフラを続けています。
という事だけは、言えるかな。

人はいつか、
どんな人間でも必ず
この世界と
さようならしなきゃいけない。

もう彼がいないのか、
そう思うと寂しいなと思うけれど、
全てが消えて、
無になる訳ではない。
自分の中にもちゃんと彼がいるし、
彼が残したフラがあるじゃないか。
それが、彼が生きていたという証。

ダンサーは曲のストーリーを
伝えるのが仕事と言いますが、
私は振りをつけるという事は、
その人の命を吹き込んでいる、
と考えている。
だからね、その人の思いを
大事にしなきゃねって思うの。
フラを消耗品にしちゃいけないって、
思うの。

みんなに怒る時、
上手い下手で怒った時は
いっかいもないよ。
だって自分だって未熟だからね。

でもね、
フラを大事に扱って欲しい、
いい加減に踊らないで欲しい、
自分が一歩一歩ステップを踏んでいる、
スタジオの床でさえ
大事にして欲しいと正直思う。

フラを大切にする事は、
人を、
心を大切に扱っていく作業。

そしてね、
作り手と踊り手が違えば、
ひとつの曲に千の物語があるって
思うのね。
それが私にとってのフラ。
文字を訳して、
意味わかってます!
とか、そうゆうんじゃなくてね。
作った人はモチロンだけど、
踊り手にも、
その曲に対しての思いや、
エピソード、向かい方は様々だしね。
だから、
作った人に話を聞けなくても、
あなたの物語がたんと
あるわけだから。

記憶って、
時間が経つ程薄まるけれど、
リアルタイムで感じた瞬間以上に、
時が経つ程鮮やかに、鮮明に、
輝きを増すものもある。
フラは、
そんな記憶が
たくさん増えていくダンス。

この世には、
わざわざフラ以外にも
楽しかったり、
面白かったり、
カッコいいダンス、
いっぱいあるよね。
そんな中みんな、
フラにご縁があったワケだから、
フラを大事に扱って行こう。

ハワイに貰ったり、
シェアしてもらったもの、
恩恵は、
やっぱり大事にしていきたいな。

私達が大事にして
みんなにシェアしたものは、
大切にしてもらえたら、
凄く嬉しい。
ダレにナニ言うワケじゃないけど、
それがたくさんの事を
与えてくれたハワイへの
自分なりのささやかな恩返し、
感謝の気持ちなのです。

みんなのダンスが
豊かな心によって、
更に輝きが増しますように。

っと、まぁ、
こんな真夜中に、つか、
夜があけそうな時間に徒然と…。
多分明日になったら、
あー~_~;…って思いそうですが。
でも、これも
自分の中から湧き上がって来た
正直な気持ちでもあるから、
このままUPしようと思います。

では、おやすみなさいませ。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.